TOP > CATEGORY > 考え方とか
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


他力本願 

2008年05月13日 ()
幽体離脱 * 心と身体
最近本スレを見ていると、成功したという人の多くが他人に気づかせてもらったとか
離脱させてもらったとかいう話が多い気がする。

確かに某ヘミシンクでもオカルト系でも上位存在の力を借りるというのは常套手段みたいですし、
お迎えというのもそういうのを経験した人が多いからなのかな~なんて。
それで、そういうイメージを練習してみようかなと

今までもそういうことを思ったことはありましたが、なんとなく宗教色を感じて忌避していまして…
最近抵抗が多少なくなって来た感があるのでやってみようかなと。パートナーとかならおkでしょ。

幽体離脱体外離脱体脱
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.05.13(Tue) 23:57] 考え方とかTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


神システム 

2007年11月23日 ()
幽体離脱 * 心と身体
神様っていると思いますか?

今、「神との対話」という本を読んでいるのですが、こういう精神的なことに関して
上位の存在がいるというのは非常に都合が良いですね。

特に神様とか、すっごく便利。
モンロー研でも上位の存在を定義して利用しているし、
私も「すべてである存在」とか「絶対の愛」とか非常に使えると思います。

それでも神様を否定しないといけないのは
自分は自分でありたいということ、
最上位の存在でいたいということ
自分のイメージする神が絶対神であり、日本神道の否定みたいな気がすること
そもそも宗教は嫌い
あと、他にはまだ整理がつかないです。

何かいい自分を納得させる案とか、他の良いシステムはないかなー?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.23(Fri) 20:31] 考え方とかTrackback(0) | Comments(11) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by -
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_9_1.htm
ユング心理学面白い

by -
「神との対話」よりこちらの方が遥かに内容が高度な上に筋が通っている
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/how-to.htm

by 脱友
紹介ありがとうございます。
いろいろ探して自分にあったものを見つけようと思います。

by -
神との対話は、実は低級霊とのチャネリング本だよ。
俺もコメ2さんの薦めてるサイトをオススメする

by -
あと特にオススメなものを参考程度に。


あの世に聞いた、この世の仕組み
http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/

ヒトシの整体波動宇宙日記
http://sptenchan.blog23.fc2.com/?mode=m&page=0

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/


書籍では江原さんの本や、ナポレオン・ヒルやジョセフ・マーフィーなどを薦めておく。
マンセーはよくないけど、いろんな水源の水を飲んで自分なりの考え方や方法論の確立に役だてればいい。

by -
江原は明らかに似非だろ…

by -
「神様」って単語が出た途端に・・・ですね。

by -
ああ…
やっぱそういうとこにこだわるか(笑
関係ないんだよね、考え方として参考できる点さえあれば

江原さんが善人だろうと悪人だろうと、役に立てられるものを役立てればいいんだよ
あくまで他人は「参考」だから。マンセーじゃ意味ないし、だからこそどんな人からも学ぶべき点はある。
そんで、江原さんの考え方には学べるものは多いよ

by -
その「多くの部分が」というのが江原の問題だろ
正しいと思える言説の中に一部おかしいことを混ぜられる方が明らかに厄介
他の部分の正しさに惑わされてそういった部分まで信じてしまいかねない

というより江原はシルバーバーチの劣化コピーそのものなのだから
その元の三大霊訓を読めば不要なのでは

by 脱友
なんか色々とありがとう。
とりあえず読み終わったのでまとめてみます。

コメントを閉じる▲

予行演習 

2007年03月19日 ()
幽体離脱 * 心と身体
夢日記はありませんがとりあえず生存報告を。
うっかり書き逃すとやっぱり忘れますね。

またしてもふと思ったことなのですが、
幽体離脱は予行演習として使えますね。
イメージトレーニングとしては効果があるようですが、
記憶しているものは持っていけるのであれば、
もっと幅広く予行演習として使えると思います。

文明が発達するにつれ、身につけるべき素養は
ますます高いものが求められてきています。
知識は書籍などによって得られますが、経験は実際に場数を踏むしかありません。
幽体離脱は短期間に経験を積む手法として利用できるのでは無いでしょうか。

それと、もし体脱世界が他人とリンクしているのであれば、
もしくは僅かにでも影響を与えるのであれば、
人と人とが分かりあうことにも使えませんか?
ニュータイプもアニメの中だけではありませんね。

体脱は未来の必須技能!・・・にはなりませんか、さすがにw

まあ、そうなったらいいという程度のものですが、修行や予行演習としてでも使えれば、
離脱してもすることが無いということを少しでも減らせるのかなと
そう思いました。

幽体離脱体外離脱体脱

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.19(Mon) 23:00] 考え方とかTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


離脱に関する考え方 

2007年02月12日 ()
幽体離脱 * 心と身体
今回は幽体離脱に関する考え方です。
※オカルト注意!

 少しオカルティックになりますが、私はオカルト的な解釈も、幽体離脱をより自然にとらえ、その障害を取り除くものであると考えます。要は本人にとってより納得できる形であれば良いのですから。

 昨日の夜にふと思ったことなので考察の甘いところはありますが、要は幽体を魂と捉える考え方です。ありふれたものではありますが、実に都合が良いのです。

 幽体を魂と捉え、瞑想の世界(幽界と呼びます)を魂の還る場所と考えると、幽体離脱するということはわざわざ幽界へ赴くのでは無く、元の世界に還ることであり、より自然な行為と考えることが出来ます。
 つまり、私達は元の魂の世界から現実世界へ肉体という媒体を通して、まるで仕事にでも行くかのように赴いている。眠りにつくという行為は、魂が家に帰るのと同じであるということです。こう考えれば就寝があんなにも安らぎに満ちているのにも納得です。

宗教的観点からも考えられますが、長文になるので今回はここまで。

つまり、私達は瞑想世界を欲しており、それは極々自然なことであるということです。どうですか?幽体離脱はより当たり前のことだと思えませんか?当たり前、して当然という気持ちになれば、離脱もぐんと近づくのではないのでしょうか。

幽体離脱体外離脱体脱

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.02.12(Mon) 11:54] 考え方とかTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by sionm
なるほど!!
とおもったよ!

by 友
同意してくれる人が居て嬉しいですね。
まあ、一つの考え方ですし、私自身ころころ代わってますからね。

コメントを閉じる▲

TOP

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。