TOP > CATEGORY > まとめとか
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「神との対話」まとめ 

2007年11月25日 ()
幽体離脱 * 心と身体
とりあえず1巻は読み終えたのでまとめです。
2,3巻は補足なのでまあ、読む必要ないかと

長文なので追記にしました。
ほとんど自分用のメモですいません。

幽体離脱体外離脱体脱
Open↓

まず、人は神によって究極的に愛されているということ
人は神と本質的に同じであり、何でもできるし、なんにでもなることができる。

もともと神は全てであった。神は絶対的な愛であり、全ては愛である。
しかしすべてであったゆえに何者でもなかった。
自らの偉大な概念を体験にするために自らを分けて、神性を忘れること神で無いものを作り上げた。
神は神でないものを通して(相対性により)神を体験する。
神は何も強いない、選択を与えるだけ。自分で選び取ることが体験になる。

神であることを忘れた神の一部がすべての生命(魂)であり、
その目的は神であることを思い出しそしてできる限りの栄光(神であること)を体験すること。
そしてすべての魂は最後には神へと還る。
神は愛を体験するために愛で無いもの、不安を創造した。
すべての動機は愛と不安から生まれる。
不安は神の無条件の愛、愛そのものであることに疑問をもっているから。

神であることを思い出すとは自分が何でもでき、なんにでもなれるということを思い出すこと
すべての選択において愛を選ぶということ。
神の行いとは創造すること
思考は創造につながる。
人生とは自らを創造するためにある。
それが神を体験することになる。


実際に何をすればいいかというと
・自分が何でもできる、何でもできる、すべてを手に入れられる存在であることを思い出すこと。

・自分の内側を見つめ、何者になりたいか最も気高い自分を考える。そう生きたらどうなるかを考える。そしてそうなろうと決意して努力すること

・神の愛を信じること。求めるのではなく、あなたの望むことは全て、当然与えられることに前もって感謝すること。(求めるということはそれがない自分を創る。前もって感謝するということはそれがある自分を創る)

・自分の行為を監視し、常に最も気高い、なりたい自分であるための選択をすること。

・不安は似たようなエネルギーを引き寄せるから、不安からくる選択は捨てること


といったところでしょうか。
いまいちまとめ切れていなくて申し訳ない、ここを読んだだけの人にはきちんと内容が伝わらないかも知れないですね。


作者はキリスト教、仏教、スピリチュアリズムを学んできたということで、随所にその影響が見られます、特にキリスト教は根深いものがある。三位一体とか。
作者の最も苦しい時期に作られたものであるからかと思うが、自らを受け入れる、愛するというようなことが多いですね。

全体として、非常に救いのある内容だと思います。
私としてはなかなか受け入れやすい概念かと。
基本的に自らのしたいことをしなさいといっているので、窮屈さは薄いように感じます。
したいこととは魂の求めることだから結局最も気高い自分になることなわけですが。

ただし、その人にとって理想の自分が社会的にも理想的なものかということは関係ないといっているので難しいところですが、社会的なプレッシャー、ジレンマからの開放の助けにはなるかと。

つまるところ
「あなたは無条件に愛されています。自らを受け入れその可能性を信じなさい。あなたは理想のあなたになることができます。世界はそうできています。そうなるように努めなさい」

アファメーションですね。

それを繰り返し繰り返し言っているわけですから、この本を読むだけでアファメーションの効果がでるのではないでしょうか?精神的に参ってる人に読んでいただくと良いかもしれませんね。

前もって感謝するというのは自己暗示として効果が高いと思いますし、
ここで神の役割は絶対的な愛であり、自らの可能性の保証、成功の保証ですから、使えると思います。

とりあえずこんなところですね。
思いついたことがあれば追記していくかもしれませんが。

長文読んでくださってありがとう御座いましたー。

追記1 死後について
魂は神性が十分になったところで輪廻の輪を外れる。それまでは何度も人生を送る。

追記2 他者との関係について
全ては自分がどうありたいのかが基準になる。
人間関係も全て自らを創造するためにある、そのための絶好の機会である。
相手にばかり気持ちを向ける事が失敗の原因になる。
自分を愛せずに他者を愛することができるだろうか?
自らが神聖な存在であることを理解すれば、他者もまた神聖な存在であることに気づくはずだ。

Close↑

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.25(Sun) 00:05] まとめとかTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by -
一番肝心な「利他愛の実践」が抜けてるのがな…

by 脱友
一応追記はしておきましたが、答えにはなっていないかもしれません

コメントを閉じる▲

急がば回れ 

2007年10月06日 ()
幽体離脱 * 心と身体
一ヶ月普通の方法で出来ない人は、
一からコツコツ積み上げていくのが遠回りのように見えて
実は最短距離だったりするんじゃないか?

妹子氏も言ってるけど、自律訓練とか(多分これが一番分かりやすくていいかと思う)
確かに効果あるんだよ。

たとえば不自由氏はタルパ作るみたいに顔から光体イメージを作り上げていくと
言っているが、それは簡単に見えて、難しい。
なぜならイメージの仕方が下手だから。

心と体がリラックスした状態ではイメージを描きやすい。
そのためにリラックスするトレーニングをするといことは理にかなっていると思う。
心と体は一つ。心をリラックスさせるために体をリラックスさせるのもまた道理。
自律訓練法は、一つずつ積み上げていくから成果も感じやすいし、
多分、離脱している自分を現実と同じくらいにまで描けるようになったとき、
既に離脱はかなっているんじゃないだろうか?

これが今の私の方針。
毎日3回自律訓練してます。
今は時間感覚の訓練中。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.10.06(Sat) 12:51] まとめとかTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by -
三回ってそれまた・・・・
氏の離脱への情熱は凄まじいな
きっと氏なら壁をひとつ越えればすぐに
長期離脱者になれますよ

by 脱友
ありがとう。
自律訓練のHowtoでは一日三回を推奨していたからそれに習ってる。
まあ、自律訓練すると眠気が覚めるから仮眠代わりというところもありまして

コメントを閉じる▲

これまでのまとめ 

2007年06月18日 ()
幽体離脱 * 心と身体
歩み

01/21挑戦開始
01/23夢日記開始
01/24自己暗示開始
02/02遮音イヤホンに
02/05自作おべぱにする
02/07周天法開始
02/10爪りだんつ試行
02/13愛マスク
02/15頭の後ろで腕を組んでみるも痺れる
02/16密教式は危険すぎるのでダメと結論
02/20幻覚が初めて見えた
02/22イメージ訓練始める
03/01紐にリダンツと書いて指に巻いてみる。頭がウヮンウヮンする前兆来る。
03/10自律訓練法を漸進的筋弛緩法に変更
03/12胸の上で手を組んでみる
03/25自律訓練に戻す
03/284Hz自作ヘミ試す。結構良い感じかも?ガイド音声は改良の予知あり。
03/28催眠誘導に変更。気功練習始める。
04/10腹式呼吸の練習により呼吸が楽になってきた。
04/18幻聴怖かった。
04/29振動来たかも?
05/03明晰夢?
06/18初めて自分の幽体をはっきり作ることが出来た。

現在の解決すべき課題

1、入眠時における即寝
2、二度寝の実行
3、二度寝時の離脱意識
4、イメージ力の強化
5、昼寝の時間確保
6、運動→解決済み?
7、夢のフェードアウト部分への意識
8、仰向け時の呼吸→解決済み

幽体離脱体外離脱体脱

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.18(Mon) 09:32] まとめとかTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


心理療法とか 

2007年03月22日 ()
幽体離脱 * 心と身体
今回は幽体離脱と直接は関係ないのですがよろしければ見てやってください。

前置き
ここから---------------------------------------

金銭的なことは実際にお金が無いので倹約せざるを得ないのですが、少なくともほかの事は太っ腹になりたいものです。
ですから自分が得た有益と思える情報もなるべく公開していきたいと思っています。

ですが、あくまで単なる情報ですから本当に自分にとって有益なのかどうかを判断するのは自分ですので、よろしくお願いします。情報の溢れ帰るこの時代ですから、取捨選択は普段から出来るようにしないといけませんね。
まあ、2chを見ているような方々には言うまでも無いことだとは思いますがw

今回は、最近無気力ですとか、鬱ですとか、どこまでネタなのかは分かりませんがそういった文言のブログも見受けられますし、せめてこのブログを見てくださっている方々には少しでも助けになればと思います。

---------------------------------------------------ここまで

今回紹介するのはEFTとアロセラピーです。


幽体離脱に挑戦している方々でしたら自己暗示ですとかそういうものに対して嫌悪感は持っていないと思います。寧ろ積極的に活用している方も多いでしょう。

その一種ですが、EFT(Emotional Freedom Techniques)はご存知ですか?知っている方は読み飛ばしていただいてかまいませんが、私が今、一番効果があると感じている手法です。それに簡単ですぐに出来ます。
詳しいことはEFT-Japanあたりを御覧いただければ分かりますが、ツボをタップしながらアファメーションをするような感じです。やり方はリンク先のHPでdownloadしていただければと思います。
まだ実験段階のところはあるようですが、私が試してみたところ効果は高いようです。
コツは取り除きたいことの原因を探ることです。これが一番難しいのですがw

例えば
幽体離脱が出来ないということに対して用いる場合
原因は
自分にはイメージ力がないという思い込み
出来るわけ無いと思っている
救急車の人みたいになることが怖い
パートナーが変なものになってしまうのがいやだ
取り込まれるのではないか
無気力になってしまうのではないか?
現実と区別できなくなるのが怖い
逃避場所と考えていてそれが許せない
睡眠障害になったら?
昔から飽きっぽかった今回もすぐに諦めてしまうかも
など
があるかもしれません、この中のいくつかは当てはまる人もいるのでは無いでしょうか?こうしたことを解消できれば少しでも近づけるのではないかと思います。


それと私が最近実感したことは、アロマが意外と効果が高いということです。個人差はあると思いますが、試してみる価値はあるかも知れません。手軽ですし、努力する必要がありませんからね。

自分が紹介したものですし質問などあればコメント欄にでもいただければ多少なりともフォローはするつもりです。


こういうのを書くのは痛いですか?閲覧者の寛容に期待しますw

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.22(Thu) 19:57] まとめとかTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

足跡 by 幽体離脱団
別に痛くないよ

by 友
有難うございます。

コメントを閉じる▲

初離脱までの期間 

2007年03月20日 ()
幽体離脱 * 心と身体
今日は統計情報でも。
こういうの好きなんですよね。

以前は集中時間について調べてみました。
今回は初離脱までの期間です。

~1月:56.7%
~2月: 8.9%
~3月:16.7%
~半年:14.4%
~1年: 3.3%
~3年: 1.1%

最短   :1日
最長   :3年
平均   :77日
サンプル数:90

以前から出来ていた。スレ見たら意識して無いけど出来た。
というデータは除いてあります。
偶発はやろうと意識をしていないからです。

まだ数ヶ月や一年以上の方々が訓練を続けている方々は多く
残っていると思いますので、これは実際よりはかなり短い結果が出ているはずです。
それでも平均は77日ですから
1ヶ月2ヶ月くらいで無理だとか諦める必要は無いということですね。

データからどういう情報を受け止めるかは見る人しだいですが、
前向きな受け止め方をして欲しいものですね。

追記
見方によっては離脱挑戦者がどれくらいで諦めているかとも見られますね。
1ヶ月くらいで諦めてしまう人が多いと言うことです。
本来あるべき分布がどの程度のものなのかが分からないので推測にしかなりませんが。

幽体離脱体外離脱体脱

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.20(Tue) 21:16] まとめとかTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by -
なるほど…参考になった。

by 友
有難うございます

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。